妊娠中期からの妊娠線予防クリーム!

多くの妊婦さんが行っている妊娠中のケア、それが妊娠線予防です。

 

妊娠線とは、お腹の中の赤ちゃんの成長に伴い皮膚が引き伸ばされ、それが耐えきれなくなって皮膚が裂けてしまう現象のことです。裂けるといっても血が出たりするわけではなく、痛みはほとんどありません。

 

ただ出来てしまうと見た目のショックは大きく、広範囲に広がってしまうこともあります。ですが、妊娠線はケアにより予防することができます。そのケアの方法が妊娠線予防クリームです。妊娠線予防クリームには皮膚を柔らかくして伸びやすくする作用があります。

 

また高い保湿力があるので、妊娠時期の敏感な肌を守ってくれます。では妊娠線予防いつからでしょうか。

 

それは、お腹の大きさに少しでも変化が出てきたらです。妊娠線予防クリームには様々なタイプがあり、一日一回だけ塗れば良いものや、朝昼晩と塗るものなどがあります。妊娠線の予防を真剣に考えているのでしたら、どのタイプのくり―でも妊娠線マッサージを行いましょう。

 

マッサージのタイミングはお風呂上りが良いです。身体が温まって血行の良くなった肌に、マッサージを行いながらケアをすることでクリームがより皮膚に浸透し、柔軟性を持たせることができます。毎日のケアにより、妊娠線を作らせない肌を作りましょう。

 

最近は、妊娠線予防 for famをおすすめしています!

 

妊娠線に特化したクリームって結構高いですよね?しかも、成分がキツイものもあるため、敏感肌の方にはおすすめできません。fofamなら赤ちゃんにも使うことができるクリームですので、敏感肌の方も安心して使うことができるのです。